看護師の夜勤はハードで仮眠も休憩も取れません

看護師の夜勤はハードで仮眠も休憩も取れません

pixta_2939204_S.jpg

看護師の働き方の中で、安定した収入を得る事ができて、身分も安定している、そして、福利厚生も充実しているのは、常勤ですよね。

でも、常勤として働くからには、夜勤は必ずこなさなければいけませんよね。

かなり重要な問題です。

職場によっては、夜勤が楽なところもあるのかもしれませんけど、人が寝ている時間に働くわけだから、決して楽ではないですよね。

夜勤は日勤に比べると、スタッフの人数も少なくなるし、少ない人数で働いている時に、
急変やステルペンがあると大変です。

ほとんどの職場は、2交代だと思うんですけど、2交代の勤務だと、夜勤の勤務時間は16時間です。

16時間っていうとかなり長いですよね。

その間に、2時間の仮眠と休憩時間が何回かあるんですけど、正直言って、ゆっくり休憩時間を過ごせる時ってあまりないんですよね。

食事だって、さっさと済ませて現場に戻るといった感じです。

こればかりはどうしようもないんですけど、自分が夜勤の時に患者さんの受け入れや急変などがあると、仮眠時間はまずなくなりますよね。

真夜中でも走りっぱなしになりますよ。

特に、多くの高齢者が入院している病棟だと、夜間の不穏があるので、見回りや患者さんのチェックが大変なんです。

看護師の中には、夜勤のほうが落ち着いてる、って言う方もいるんですけど、私はもうグッタリですね。

とても楽だなんて気持ちにはなれないです。

今働いている病棟が、急性期だという事もあるかもしれないですよね。

慢性期の病棟だったら、落ち着いた気持ちで夜勤ができて、16時間という長い時間でも、疲れる事が少ないのかもしれないですよね。

もし叶うのであれば、おへそ周りの永久脱毛も他の病棟に異動したいですよね。

でも、忙しい職場なだけに多分難しいと思います。

2015年10月29日|